子供の事で悩むのが親の仕事なのか?

腹の立つ看護師に当たってうんざり・・・

息子には発達障害があります。周囲に説明しやすい様にと、療育手帳を取得しました。

 

緑色の小さくシンプルな手帳です。暴れたりしないので提出する事もなく、私のカバンの中にお守りの様にしまい込んであります。

 

風邪をひいて病院に行く時や歯医者の時には持参して、提出しています。
そうすると多少優しく接してくれたり息子に分かりやすく説明してくれたりと、こちら側にすると有り難いです。

 

 

手帳取得は最初迷いましたが、くどくど説明する前に受付で提出しておくだけで理解してくれるので活用しています。
しかし、久しぶりに行った皮膚科は大変でした。

 

 

いつもの様に受付で療育手帳を見せると「この手帳は提出しなくて大丈夫です〜」との回答、いざ診察の際に泣く息子にいきなり水イボを取ろうとする医師、急いで療育手帳を私が見せると、医師は優しくなって水イボを取る頻度を考えながら息子に接してくれました。

 

 

一安心・・・と思いきや!その後姿をあらわした看護師さんに怒りを覚えました。
茶髪にカラコンの看護師さん・・・クリニックにいそうなタイプです。

 

 

外見は良いとしても、療育手帳を見せているのに「周りの子は泣いてないよ〜お兄ちゃんは泣かないよ〜。」だとか、あからさまにため息ついたりとか、まぁ酷い対応でした。

 

 

水イボを無理やり取られて泣いてしまった3歳の息子。そんなため息つくレベルだったのか?暴れてもいないのに。おそらく療育手帳の意味を理解していないのでしょう。
医師の教育が悪いのかもしれませんが、それにしても酷かったです。

 

 

忙しいのかもしれないけど、嫌な顔をしたりため息をついたり、それって看護師がやる事なのかと腹が立ちます。これを良い機会として、他の皮膚科を探します。