君の名はをみました

ネタばれ注意です

大ヒット中の映画「君の名は」。とても評判が良くて、しかも主題歌や挿入歌を有名バンド「RADWIMPS」が手掛けているという事もあり、気になっていました。でもまぁDVDが出てからレンタルして観ればいっか。そう思っていました。

 

 

しかし先週位から主人がどうしても「君の名は」が観たいと言い出して、「どうしても見たいけど1人は嫌だ、俺がお金払うから一緒み観ようよ。」と言ってきました。

 

 

それはラッキー♪それなら良いよと了承し、早速主人が仕事休みで子供達が学校である平日に観に行ってきました。

 

 

 

そういえば映画なんて1年ぶりくらいかも?主人は何回か友達と映画を見に行っているけど、うちの子は映画館が苦手なので、もっぱらDVD鑑賞ばかりでした。久しぶりの映画館に少々テンションが上がりつつ、人気映画だけあって大きなスクリーンでゆったり観る事が出来ました。

 

 

そして感想は・・・思った以上に良かったです。冒頭から彗星が雲を突き抜けて地上へ向かうシーンが素敵。このシーンがクライマックスと繋がるのがまた良い。

 

 

 

彗星は大変な災いだけど、何というか運命的な感じがまた素敵。組紐が素敵。飛騨の情景が素敵。巫女さんの姿や背景の何とも言えない重々しく幻想的な感じが素敵。私自身もう30後半のおばさんだけど、青春のなんともいえない感情が身体の芯に響きました。

 

 

 

恋愛っていいな〜。こんな運命的な出会いしてみたいな〜。そしてそして、やっぱりRADWIMPSの曲が良い!少々音量が大きくて音楽が主役っぽい感じはあったけど、RADWIMPSの曲を後で聞き返すと、そのまま物語が頭の中で再現されて胸がぐっとなります。

 

 

 

映画が終わるまでの時間があっという間で、終わった後も何ともいえない高揚感が残りました。そしてそのまま家に帰って現実の日々が待っている訳ですが(笑)。家に帰ってからも何となく「君の名は」の余韻が残り、ミーハーな私は飛騨に行きたくなりました。

 

 

 

飛騨ってどんな所なんだあろう・・物語に登場するあの美しい景色、本当に見れるのだろうか。映画の帰りに買い物をしたのですが、その際旅行コーナーで飛騨のパンフレットを思わず手に取り、持ち帰ってきた私。そんな私を主人は笑い飛ばしていました。

 

 

 

どんだけミーハーなんだって。でもつい入り込んでしまうんですよね。飛騨ならではのレトロな古都、風情溢れる街並み。そして飛騨牛串や飛騨牛お寿司、高山ラーメン、日本酒の利き酒など美味しいものも沢山あります。

 

 

 

気多若宮神社はJR飛騨古川駅から徒歩10分なのですが、物語に登場するシーンの物語となっているそうです。

 

 

 

これは立ち寄ってみたい。いつか行けたらいいな・・でも子供達にとって飛騨は楽しい場所なのか?娘はきっと「そんな所よりUSJに行きたい!」って文句言うと思います。